トップページ > 製品情報 > TAPERED PLUS IMPLANT SYSTEM

製品情報(EXTERNAL IMPLANTS SYSTEM)

スペック表はこちら

taperedplus

インプラント体の概要

テーパードプラスインプラントは、カラー上部まで Laser-Lok®処理を施し、軟組織の量を増やすためベベルをつけたプラットフォームスイッチングのデザインです。

1. プラットフォームスイッチング

インプラント連結部周囲の軟組織の量を増大させるデザインです。

2.Laser-Lok®ゾーン

結合組織の封鎖を作り出し、歯槽頂骨を維持します。

       

3. 初期の安定性を向上させたリバースバットレススレッド

骨接触面積の増加と周囲骨への応力緩和を実現したスレッドデザイン

ワイドでフラットなリーディングのエッジと機能的な表面積により、インプラントの長軸方向に加わる負荷の分布を改善し、初期の安定性を向上させました。

4.Spiralock® /スパイラロック

スパイラロック

インプラントボディとアバットメントの連結にはSpiralock®と呼ばれるNASAでも使用されているスクリューロックシステムが採用されています。雄ネジと雌ネジを均一に接触させるのではなく、両ネジ部の斜面角度を意図的に変更することで、雄ネジの山頂部分が雌ネジの谷斜面に楔状にくい込む構造になっています(図)。これによりスクリューのプレロード(初期嵌合力)が固定され、スクリューの緩みを防止するとともに強力な維持力が継続されます。

5.コンパクトで機能的なサージカルキット

ドリルシステム

テーパードサージカルキットは術者が迷わず順番に器具を使用できるようなレイアウトになっています。左上の端から始まり、左から右、更に下段へと使用していきます。ラインや器具、グロメットは使用するインプラントの直径と同じカラーコードに従って色分けされています。そのため、器具の選択・識別が容易です。TSK3000は前モデルより40%のコンパクト化と軽量化を実現しており、更に使いやすさが増しています。


シングルステージインプラント

テーパードプラス 承認番号 22700BZX00017000